アパート経営した経験のある6人の失敗談

アパート経営した経験のある6人の失敗談

アパート経営した経験のある6人に、失敗談のアンケート調査を実施しました。

アパート経営は、相続税・固定資産税の節税対策になるだとか、不労所得が得られるだとか、老後の生活資金にあるだとか、メリットはたくさんあるものの、すべてが成功するなんてことはありません。

失敗も多いのです。

このページでは、成功の良い部分だけ見るのではなく、失敗の悪い部分も見て、全体的にアパート経営について考えてもらえたらと思います。

ちなみに、このアンケート調査は以下のように実施しました。

調査実施日:2018年11月29日~2018年12月13日

調査方法:インターネット調査

対象者:アパート経営の経験のある方

人数:6人

実施者つむぐ

回答して頂いた方、誠にありがとうございます。

それでは、早速、アンケート結果を見てみましょう。

【アパート経営でより失敗しないためにはタウンライフ土地活用がオススメ】

  • 土地活用の方法でアパート経営を考えている
  • アパート経営について誰に相談したらいいのかわからない
  • アパート経営・建築のプランを会社ごとに比較したい

このように考えているなら、タウンライフ土地活用がオススメです。

タウンライフ土地活用なら、大手ハウスメーカーから地域密着型の工務店まで一括相談が可能で、それぞれのプランを比較検討できます。

またタウンライフ土地活用では、見積もりやカタログだけでなく、アパート経営計画書、建築費用のお見積り、市場調査書を受け取れるので、検討材料が豊富です。

ご依頼はかんたんで、3分で完了します。

タウンライフ土地活用

アパート経営した経験のある6人の失敗談

落ち込む アパート経営 オーナー 失敗 後悔 女性

※以下の()は、(性別/年齢/職業/アパートを建てた地域)です。

安易に引き受けたら苦労する!

始めたのは祖父母でした。

歳と共に管理しきれないという理由で両親の手に渡ったのですが、両親が多忙で、結局、私のところにまわってきました。

経営というより、管理するという感覚でやり始めたのですが、、、。

さすが昔の人間がやっていたな!と言った感じに、書類は穴だらけ。

まずそこの直しから始まり、名義変更やらなんやら、やることたくさん!!

軌道に乗ってしまえば経営自体はそんなに難しく感じませんが、そこに至るまでの書類提出なんかで、正直、面倒くさくなります。

家賃収入って楽じゃない??なんて安易に考えて経営を始めると、本当に痛い目を見ます。

今ではインターネットが普及してきているので、それほど面倒ではないですが、当時はまだ普及し始めだったので、不動産との連絡や連携を取るのにも本当に苦労しました…。←若いからナメられるんですよねー。

一時は安易に引き受けて失敗したと思っていましたが、今では有難い限りです!

(女性/27/運輸業の発送係/東京都練馬区)

安くしたら人は入るが出ていくときとにかく汚い

家賃を良心的にしよう、学生さんやシングルマザーの人にも借りられるようにと、安めに良心的な価格で設定したが、退去のときの修理費用や清掃費用などが一ヶ月の家賃より高くなってしまって、何か退去のときにお金を取られる家みたいな雰囲気になってしまった。

管理費や、共益費は無しで、一時金もないので仕方ないのですが、二月分の家賃を最初に頂いてそこから支払ったが退去より日にちが遅れて退去する方もいて、なかなか金額が厳しい感じの雰囲気だったようだ。

間に三井のリハウスさんの賃貸契約会社とカードの引き落としのアーバンシステムという会社を使ったので揉め事は起きていないが、手数料がかかるので、スムーズにすませるにはいいが儲けはあまりない。

すぐ住む人が決まればいいが、自分で管理した方がいいかもしれない。

(女性/36/美容師 スタイリスト/東京都府中市)

入る前提で建てると失敗します

父から受け継いだ土地にアパートを建てる為に、不動産屋と話し合いがありました。

経営に関しては私がやると言ってしまった以上、責任重大で、見込みとしては全室埋まって初めて利益が出るような値段で貸すことにしました。

なので、8室で1室3万円で貸しました。

建てるのに1000万円かかり、ローンを10年で組み、返済は家賃収入で10万円引く前提で組んだのですが、見込みは外れ、毎月私の給料から返済する羽目になってしまい、未だに空室の部屋があります。

生保(生活保護)の方たちは支払いがいいので、生保の人に貸しているのですが、埋まることはなく、変な評判になってしまいかえって一般の人に貸せなくなってしまいました。

固定資産税の支払いもあるので、基本赤字です。

せめて駐車場にしとけばよかったと思っています。

(女性/27/OL/東京都中野区)

住居者同士のトラブル

住居者の引越しは、とても神経を使うところです。

入居者の方との日にちを決めておいても、期日を守らない方がいたりします。

そうなると、双方で都合が合わなくなり、引越しをする際にトラブルが起きてしまったり、他の入居者の方々にご迷惑をかけてしまうことになったりします。

なるべく他の方にご迷惑をかけず、引っ越される方も、入居される方も、スムーズに双方が動ければ良いのですが、実際に当日になると思うようにいきません。

またペットやタバコや数々のキズなど、想像していた以上の汚れや修理が必要な場合があり、経営しているものとしては、とても面倒で厄介です。

なるべく荷物の少ない入居者さんが、こちらとしては有り難い入居者さんです。

(女性/35/専業主婦/岐阜県岐阜市)

クレーマー隣人によって困難を極めたアパート経営

姑と共に2DK・全6戸の木造アパート経営を始めました。

建って数年後、隣地に当時50代後半の夫婦が新築一軒家を建てました。

それからです。

アパート住民の階段を上がる音、朝早くからの洗濯の音、学生住人が登校時立てるバイク音や、ゴミの置き方(個別回収です)などにしょっちゅう、文句を言われるようになりました。

アパート住民の知り合いが訪れたとき、アパート前に車を駐車させようものならば、15分以内にはすぐに警察に通報です。

ひどい時には、駐停車禁止と書かれた大きな紙をボンドでフロントガラスに張り付けられた住民もいます。

先ほど挙げたバイクで登校する大学生住民は大学にまで、苦情通報があったようでした。

その他の住民も隣人の毎日の監視におびえ、だんだんと引っ越す人も出てきました。

駅も近い立地なので、新築後数年はすぐに入居者も決まりスムーズに運んだアパート経営でしたが、隣人の性格までは考えが及ばず、入居者からのトラブルは意外に皆無でしたが、隣人のクレーム対応に疲れ果てる日々でした。

通報を受けた警察までもが、最後は同情してくれる始末でした。

それでも、何とか28年程経営は続けましたが、心身はぼろぼろになりました。

(女性/55/専業主婦/愛知県名古屋市名東区)

現在も迷っています

母親の勧めで始め、元々立ててあったアパートを購入することになりました。

購入当初はリノベーションだったり、リフォームの業者さんの連絡がとても多く困りました。

結局、DIY可能物件とし、お客様自身にリフォームしてもらうことにしました。

最近は東京オリンピックの影響で、買い取らせてほしいとの不動産業者様から多く連絡をいただきます。

元々破格の金額で購入したものなので、現段階でも販売してしまえば少しの利益が出る状況です。

このままずっと住人の方が入り続けている保証もないので、売ってしまおうかすごく迷っています。

しかし、それだけ多くの不動産業者様が欲しがるということは、これから上がる可能性があると見越してのことだと思うので、今のところまだ売っていません。

まとめ

アパート経営した経験のある6人の失敗談を読んでみて、いかがだったでしょうか?

最後のは、失敗談と言うよりは大変だった話に近かったですが、皆さん、アパート経営に苦労しているようでした。

もちろん、アパート経営で最も大切なのは収入が経費を上回ること、つまり、利益が出来ることです。

しかしながら、それ以外にも色々、大変なことが多いことがわかります。

成功例ばかり見て、このような失敗例を見ないと、こんなはずじゃなかったと後悔してしまう可能性が高いですので、アパート経営を始める前に色々な事例を見ておくことようにしましょう。

【アパート経営でより失敗しないためにはタウンライフ土地活用がオススメ】

  • 土地活用の方法でアパート経営を考えている
  • アパート経営について誰に相談したらいいのかわからない
  • アパート経営・建築のプランを会社ごとに比較したい

このように考えているなら、タウンライフ土地活用がオススメです。

タウンライフ土地活用なら、大手ハウスメーカーから地域密着型の工務店まで一括相談が可能で、それぞれのプランを比較検討できます。

またタウンライフ土地活用では、見積もりやカタログだけでなく、アパート経営計画書、建築費用のお見積り、市場調査書を受け取れるので、検討材料が豊富です。

ご依頼はかんたんで、3分で完了します。

タウンライフ土地活用