国内のシェアハウスの経験者25人が最悪だと思ったこと

国内のシェアハウスの経験者25人が最悪だと思ったこと

国内のシェアハウスの経験者25人が最悪だと思ったことを紹介します。

シェアハウスは、楽しいと思うこともたくさんありますが、最悪だと思ってしまうこともあります。

もしあなたがシェアハウスを考えているなら、その両方の可能性を考えておく必要があります。

特に、最悪な事態を考えておくことが大切です。

そのように事前に最悪の事態を想定すれば、防げるトラブルもありますし、期待と現実との落差でショックを受けることもありません。

むしろ、少しくらい期待のハードルが低い方がシェアハウスを楽しめる可能性もあります。

今回は、国内のシェアハウスを経験したことがある25人に、以下のような形で回答してもらいました。

調査実施日:2018年11月06日~2018年11月20日

調査方法:インターネット調査

対象者:国内でシェアハウスしたことがある方

人数:25人

実施者つむぐ

回答して頂いた方、誠にありがとうございます。

それでは、早速、25人のお話を見てみましょう。

【シェアハウスなら日本最大手のオークハウス】

シェアハウスなら日本最大手のオークハウスがオススメです。

オークハウスなら、敷金・礼金・仲介手数料が無料で、連帯保証人・保証会社も不要で、家具・家電も揃っておりインターネットも無料と、とにかく安く、気軽に入居できます。

さらには、様々な経歴のある人や外国人も入居しており、他では会えない出会いがあります。

あなたがもし、今現在、シェハウスを探しているなら、まずはオークハウスをチェックしてみてましょう。

※ただし、オークハウスは関東地方(東京・埼玉・千葉・神奈川)が中心です。関西地方においては、京都にシェアハウスが少しあるぐらいです。ですので、関東地方、特に東京都でシェアハウスを探している方にオススメです。

オークハウス

国内のシェアハウスの経験者25人が最悪だと思ったこと

絶望 怒り 悲しみ 女性 スーツ 体操座り

※以下の()は、(性別/年齢/職業)です。

東京都目黒区でシェアハウス

1年前までシェアハウスに3年間住んでいました。

私が住み始めた頃はオーナーがシェアハウスを始めたばかりだったので、初期メンバーだけで構成され、全員仲が良く楽しくやっていました。

2年経ちメンバーの入れ替えがあったのですが、同い年の子が入ってきてわずか数日後の深夜、ダイニングルームからなんだか不穏な音が聞こえてきました。

しかし、夜も遅かったし、私も寝ていたので特に気にすることもなくそのまま放っておきました。

翌日、起きて慌ただしく会社に行く準備をしようとキッチンに向かって、衝撃を受けました。

キッチンのシンクにびっちり嘔吐物が吐き散らかされていました…。

その日は遅刻しそうで時間もなかったのと、あまりの衝撃に直視できずそのままで会社に向かいましたが、帰るとキッチンのシンクはきれいに掃除されていました。

きっと新しく入ってきた子が飲みすぎて散らかしたのだと思いますが、犯人探しはしていません。

掃除をしていてくれたからいいものの、かなり衝撃を受けた一件です。

(女性/31/専業主婦)


社会人一年目の時に東京で勤務するのに家を借りようとしましたが、余りの家賃の高さに断念してシェアハウスで住むことにしました。

初めての人同士でしたがすぐに仲良くなり、お互い社会人一年目ということで節度を守った生活を送っていたのですが、その中の一人が仕事をすぐに辞めてしまいました。

最初は転職活動を素直に応援し、家賃の割り勘分を免除したりしていたのですが一向に転職する気配もなく、最終的には地元の友達を土日昼夜問わずシェアハウスに招待して遊び回っていました。

五日働いた後の休みということで羽を伸ばしたかったのに、見知らぬ人がどんちゃん騒ぎで、しかも本人は一向に悪びれる気配もありません。

最終的には私たち被害者4人で結託して追い出しましたが、最後まで文句を言っていました。

もうシェアハウスはこりごりです。

(男性/26/「出版業」の雑誌編集者)


隣の部屋に引っ越してきた女性。

最初は普通の人だと思っていたのですが、だんだんと問題が見えてきました。

まず、とにかく風呂の時間が長い。

2時間は平気で入っていました。

2人でシェアしていたので他のシェアハウスよりは自由に使えるはずなのですが、その女性のせいでかなり長い時間待つ羽目に。

しかも、夜の7時から9時までの間、もしくは朝の6時から8時の間という、占有してもらうには非常に迷惑な時間帯。

そして、夜中に乾燥機を回す。

洗濯機でも音はするから迷惑なのに、乾燥機のためさらに音がうるさく眠れないほど。

もちろん、風呂をあまり長く使わないこと・洗濯機と乾燥機の使用は夜10時までと書いてありました。

堪り兼ねて、管理会社に全て報告。

会社の方から注意してもらいました。

(女性/29/会社員)

東京都渋谷区でシェアハウス

同居人の掃除のし無さ具合が気にかかりました。

引越しの時点で荷物が一人暮らしにしてはかなり多いな、と思ってはいましたが、どうやらなかなか物を捨てる事が出来ない性格だったようです。

荷解きも手伝いましたが、普通の人が見たら「なんでこれは引越しの時点で捨てなかったの?」というような物がたくさんありました。

また開封済みで賞味期限の切れた食品なども、かなり多く残してありました。

虫が湧きそうで怖かったので、多数、破棄しました。

暮らし始めてからも、使い終わったものを片付けない性格なので、共用リビングの掃除をわたしがこまめにする必要がありました。

そして、何より困ったのが、同居人自身に「捨てられない」という自覚がないところでした。

(女性/27/パート・アルバイト)

東京都杉並区でシェアハウス

シェアハウス内で料理をして食べていた時、同居人が作った料理に対して文句を言う。

掃除は自分たちで当番制でしたが、同居人の当番になると手抜き掃除で、同居人が掃除当番の際はいつも汚かった。

そのため、最終的には私が掃除をしていた。

冷蔵庫に入れていたデザートを勝手に食べられたことがある。

このデザートは期間限定のもので、やっとの思いで手に入れたデザート。

箱に名前を書いておけばよかったのですが、そのデザートが手に入ったことが嬉しすぎて名前を書くことを忘れてしまった。

また、同居人が電話をしている際、声がうるさく夜中でも話し声が聞こえてとてもうるさかった。

きっと、私だけではなく周りの人もうるさいや迷惑など、最悪と思ったことがあるだろう・・・。

(女性/24/サービス業)

東京都文京区でシェアハウス

水回り関係が一番最悪でした。

やはり、他人どうしなので、常識や育ってきた環境が異なります。

相手を思いやれるような同居人であれば、過ごしやすいでしょうが、相手にもよります。

具体的には、まず、お風呂の時間です。

お風呂はひとつしかなかったので、入りたい時間か被ったときです。

ごめんと一言あればよいものの、そういったコミュニケーションがなかったので、そんな日が続くと苦痛でした。

あとは、食器などを洗う周りについてです。

自分が使った食器をおきっぱなしにしていたり、ごみが溜まっても捨てないなどです。

みんなで共有して使うものは、綺麗に使ってほしいと思ってました。

最後に、すぐ洗おうと10分ぐらい洗い場に置いていたら、シェアメイトが洗ってくれました。

ありがたいと感謝の気持ちを持ったのですが、次にその皿を使おうとしたとき、ぬめりがありました。

綺麗に洗わないなら、余計なお世話だと感じました。

(女性/22/学生)

東京都板橋区でシェアハウス

シェアハウスで一番嫌だと思ったのは、洗濯問題です。

洗濯機が共用だったのですが、洗濯機を回してそのままずっと放置して全然取りに来ない人が何人もいたために、自分の洗濯ができず困ってしまうということがちょくちょくあり、辟易していたところでさらに問題がいくつか発生しました。

また、それぞれ洗剤は自分のものを持ってきて使うので、洗剤や柔軟剤の匂いが混じってやたらと匂いがキツくて、臭いという状況になってしまい、洗剤を入れないでもう一度水洗いし直しました。

さらに、他の住人から以前洗濯機に靴を入れて洗っていた人がいたという話を聞いて、そこを使うのが本当に嫌で、なるべくコインランドリーに持っていっていました。

洗濯問題が嫌でシェアハウスを出て、その後も洗濯機の共用が嫌だという理由でシェアハウスは断固拒否しています。

(女性/27/出版業の校閲)


3つあります。

・シンクに洗い物を置きっぱなしにしている人がいました。

2〜3日と置きっぱなしになっており、全然片付ける気配がなく、1週間するとカビが生えていました。

異臭もすごく、部屋の中がしばらく変な臭いが取れませんでした。

・お風呂を貯めていて、いざ入ろうとしたら別の人が入っていました。

特に謝罪もなく、何食わぬ顔をしていたので、注意をしたら、管理会社に苦情を出したようで、管理会社からご連絡をいただき、自分が退去しないといけない状況に巻き込まれました。

管理会社に事情を説明し、一件落着しました。

・大雨が降り、次の日にふと天井を見たら、天井が膨らんでいるのに気づいて触ってみると雨漏りがしていました。管理会社に連絡をし工事を依頼しましたが、工事するのに2ヶ月以上もかかり、その都度雨漏りの被害に悩まされました。

雨漏りによって部屋が使えない部分があり、自分の荷物も故障するといった被害がありました。

その保証も特にされずに部屋の修繕をするとのことで、ご連絡をいただきましたが、一度全ての荷物を自分でどかしてほしいとのご連絡をいただきました。

結果、管理会社に連絡を入れ、管理会社に全てやっていただきました。

シェアハウスにはもうこりごりです。

(男性/30/フリーター)

東京都中野区でシェアハウス

5人で暮らしていたのですが、一人だけ片づけがまったくできないし、だらしのない子がいて最悪でした。

その子が食器洗い当番だと洗い残しがすごくて他の子が洗い直してたし、お風呂掃除当番や廊下や共用スペースの場合も同様でした。

食べた物は出しっぱなし、洋服脱いだら脱ぎっぱなしで共用スペースもかなり荒れてましたね。

髪の長い子だったのですが、その子の抜け毛でお風呂の排水口が常に詰まってました。

最も最悪だったのが、なぜか必ずと言っていい程、トイレを使用後に流さないんです!

さすがにそれは流そうよって他の子たちも注意しましたが、流さないのが習慣づいてるらしくて臭いも酷くて最低でした。

トイレに入るたびに、流れてない物があるんじゃないかなと怯えていました。

(女性/31/アパレル、販売員)


20代半ばの頃、当時の職場の先輩の紹介で、シェアハウスに入居することになりました。

家賃も安いし、職場からも近く通勤しやすかったので、安月給で残業も多かった私にとってはとても住みやすい立地でした。

シェアをしていたのは、家主の男性1人、その他女性が3人、みんないい人たちで楽しい毎日でした。

自分も含め特殊な職業の人が多かったので、業界の裏話を気いたり、さまざまな人との交流したりと貴重な体験ができたと思っています。

ただひとつだけ嫌だったことが・・・。

住人の女性が恋人を連れてくることがしばしばありました。

当初はその彼氏の方も交えて鍋パーティーをするなどしていましたが、ある時、彼女と彼氏の方がお風呂でお楽しみの際の音声が家中に響き渡るという事案が発生しました。

私も他の面々も何事もなかったようにしてはいましたが、その後、その事案は頻繁に発生するようになり・・・。

彼女は自分より年上で普段はとても親切で楽しい方だったのですが、私はその点だけがどうにも我慢できず、まもなくして退去しました。

そういうことは、他の宿泊施設でやってほしかったです。

(女性/37/専業主婦)

東京都北区でシェアハウス

共同の冷蔵庫の使用モラルが低く、とにかくひどかった!

冷凍庫に何年も前に賞味期限が切れているものが入れっぱなし、特定の人の食材だけでほぼスペースがいっぱい、名前を書いているにも関わらず入れておいたアイスが食べられるなどなど。

明確にどの段は誰が使うというルールがなかったため、一人でもズボラな人がいると大変です。

しかも、そういう人はこちらが注意しても改善する様子がなく、勝手に掃除したり、賞味期限切れのものを捨てると勝手なことをしないで!と怒り出す始末です。

それからは、仕方がないので自費で小型の冷蔵庫を購入し自室に設置。

食べられたくないものはそこに保管するようにし、できるだけ共同の冷蔵庫は使わないことでトラブル回避に努めました。

(女性/30/不動産会社経理)

東京都八王子市でシェアハウス

基本的には楽しいことのほうが多かったのですが、家賃やライフラインの折半でやってきて、体調を友達が崩してしまったときに全部をまかなわないといけなくなったときに最悪だと感じました。

体調不良はしかたないとはいえ、二人分を養うような形になると二人とも体調不良になってしまって、友人が親元に帰ることになったときに、私一人だけではやりくりがまかなえなかったり、相手のバイトに合わせた場所でもあったので、その場所じゃない方がよくなってしまい、引っ越しすることになり、費用が一時的に多くなってしまったことがとても痛手でした。

相手が体調不良になると、二人ともリズムが崩れる。

生活が一変する、シェアハウスの終わり方をしたことが最悪だと思ったことです。

(女性/32/サービス業)

東京都三鷹市でシェアハウス

3人でシェアしていたのだが、一緒にシェアしていた人の1人がとにかくだらしがない。

いつも異常なくらい酒臭いし、たまに酔っ払って共用部分のソファでパンツ一枚で寝ていたりする。

光熱費もみんなでワリカンしているのに、「給料が出るまで待ってください」と言い、結局、払わないこともしばしば。

ゴミも捨てたがらない、掃除もしない。

あげくの果てにはその人の部屋は50センチくらい、ゴミが積み重なっていて、母親が片付けの業者を呼んで掃除するしまつ。

ゴミが入ってる40リットルのゴミ袋が50個を超える数が廊下に並べられていた。

母親の会話で、2年前のコンビニ弁当がゴミの中から出てきたと聞こえてきてゾッとする。

もうあの人とは住みたくない。

(女性/38/建設業CADオペレーター)

埼玉県さいたま市でシェアハウス

男女混合で、1階は男性のみ、3階は女性のみで、2階は男女のところでした。

2階は混合とのこともあって、金銭的にもお手軽だったので2階に住んでいました。

入れ替わりが多く、いつ見ても知らない人だらけ、というのも嫌だったのですが、一番は隣の人の生活音が丸聞こえだった。

隣人は女性になったことがなかったが、最後の隣人は特に声も大きく電話で何話しているかもわかるし、いびきもうるさかった。

壁が薄いと気づいた時点で、私は隣へ配慮して生活していたが、最期の隣人は気にしないタイプだったのだろう。

配慮されている感じは全くなく、いつも不快感でいっぱいだった。

また、各階に洗濯機と乾燥機が設置されているが、人の洗濯物を勝手に取り出したりしているのも、正直、信じられませんでした。

(女性/34/サービス業 コールセンター勤務)

神奈川県大和市でシェアハウス

仲の良い友人と、いつかシェアハウスをしようねと昔から言っていました。

家を出たいタイミングも同じだったので、実現的になり、シェアハウスをしました。

部屋割りもお互いの部屋と2人でくつろげるリビングが絶対条件で、最初にいくら友人でも揉めそうなことや、お金のことは事細かく決めてシェアハウスを開始しました。

料理分担も曜日を決めたり、その他の家事も曜日で分担を決めて、友人が遊びに来た際もルールを守り最初はうまくやっていました。

男子禁制も絶対条件だったのですが、いつからか相手の子が彼氏を連れ込むようになり、案の定妊娠し、家を出ると言い始めました。

これは絶対無しねと言っていた一番の約束です。

家を出るときのお金等払ってくれるなら未だしも、そのつもりも全然なく、話し合いをすることになりましたが、彼氏付き。

意味も分からないし、払う気もない。

一瞬にして男で変わる女は元々嫌いなので、シェアハウスで揉めて以来10年以上会っていません。

顔を合わせることも度々ありましたが、他人のふり。

こんな人間になりたくないと思った人になっていました。

(女性/31/実装会社の営業事務)

栃木県矢板市でシェアハウス

10歳年下の同性の友人とシェアハウスをしていました。

介護の仕事は早番や日勤、遅番に夜勤といった不規則なシフトであるため、日常生活のリズムも不規則になります。

相手も同業種のため時間が不規則で、寝ていたい時に相手がごはんを作り始めたり、仮眠中に仕事の準備を始めたりするため、我慢の連続でした。

まだ、そういった音の問題には、なんとか慣れることができましたが、最初は辛かったです。

そしてなにより最悪なのが、相手はお酒を飲むのが好きな人でした。友達と遅くまで飲み歩いては、明け方近くに帰宅し、トイレにこもります。

私が早番でトイレに行くと、なんとも言えぬ臭いが充満していることがありました。

幸い処理するほどの汚れはありませんでしたが、仕事前の早朝に最悪な出来事でした。

(女性/33/介護)

愛知県名古屋市でシェアハウス

15年前ですが、男性3人でシェアハウスをしてまして、寝室が壁を隔てて隣同士にあり、お隣の方が彼女を頻繁に連れてこられ、徐々に半同棲状態になりまして、こちらが寝てるのに夜中まで起きていまして、眠れないときがしばしばありまして迷惑でした。

その他、光熱費も私が全部引き落としを任されまして、最初の頃は、一の位まで計算し徴収していましたが最後の方は、いい加減になり、滞る月もあり何とか徴収することができましたが、最後の最後は払わずじまいで、1万ぐらい損した記憶があります。

シェアハウスする上で金銭面はトラブルを引き起こし兼ねないですので、しっかりと約束やルールなどの取り決めをしっかりとした上でやるべきだったと思いました。

(男性/39/運輸業の配送)


彼氏と同棲していた友人が、その彼と別れてしまったために我が家で一緒に暮らしていました。

基本的には一人よりも複数で暮らしているほうが楽しい事が多いのですが、シェア相手と喧嘩したりすると、相手の顔は見たくないのに一緒にいなくてはいけないストレスがキツいです。

そして、どちらかが彼氏・友達を連れてきたりすると気を使わなくてはいけないですし、下手すると自分が家からちょっと出たりしないといけないので、何のための自分の家なのかわからなくなりこれまたツライです。

友達はまだいいのですが、彼氏などの場合はできればうちに呼んで欲しくないなぁというのが本音でしたね。

また、相手との共通の友達などが家を訪ねてきたりすると、滞在時間もなあなあになるので、自分の時間が持ちづらくなります。

一人でいる事が好きな人には、基本的に向かないかもしれません。

(女性/48/「サービス業」のクラブ、ディスコなどの「DJ」)

愛知県大府市でシェアハウス

私が以前シェアハウスをしていて最悪だと思ったのは、1人、人生の中で1番と言えるくらいウマの合わない人と隣の部屋になってしまったことです。

私はズボラで、寛容な性格です。

しかし、その人は、几帳面できっちりこなすタイプです。

仕事においては、完全に彼女のような存在は重宝されることでしょう。

そのシェアハウスで彼女と何があったかというと、シェアハウスでは、掃除やゴミ捨てなど担当制となっており、私が小さな袋の生ゴミを捨て忘れたことがありました。

それに気づいた彼女は、大家さんに電話を入れました。

その他に、お風呂の洗面所に、私が掃除した後に髪の毛が残っていると、私のドアをノックしてきて、長いお説教をしてきました。

その後も何か気にとまったことがあると私のドアをノックして、何かしら言いがかりをつけてきました。

彼女自身、言いたいことは言わないと気が済まない性格で、私はおっとり、のんびり、抜けているところもあるタイプなので、言われやすかったのかもしれません。

もう今はそのシェアハウスから引っ越して、違うシェアハウスに住んでいますが、ここの皆さんは穏やかで、寛容さを持っています。

私も言われどころはあったのかもしれませんが、シェアハウスは寛容で、協調性がないと住めないと思います。

これが私のシェアハウスの最悪の思い出です。

(女性/31/英語講師)

山形県酒田市でシェアハウス

まず、洗い物をしてくれないこと。

洗い物がたまっていることを知っており、自分の洗い物であるのにやらない。

結果、こっちが使う時になって、洗わなければならない。

また、ゴミ出しに行かない。

ゴミ出しをしてほしいため、何度も言っており、カレンダーまで貼ってあるのにいつも行くのはこちらである。

部屋を片付けないことにも最悪だと思った。

食べたら食べっぱなし、飲んだら飲みっぱなし、出したら出しっぱなしを繰り返し、気づいたら片付けるというような形であるの。

このように多く最悪だと思ったことがある。

中でも1番最悪なのは、日用品をどっちが買うかということについてだった。

一番最初にルールを決めるというのは、とてつもなく大切なことなんだということを最近思い知らされている。

(女性/19/学生)

長野県佐久市長土呂でシェアハウス

32歳当時、同世代の女性とシェアしました。

きっかけは職場が同じで(部署は別)、友達の友達っと言った、少し距離のある存在の方でした。

暮らしはじめのころは、お互いの生活に干渉せずで心地良かったのですが、その方が料理が不得意な事も有り、「材料費を出すからついでに私の分も作って!」しばらくすると「お弁当1ツより2つ作った方が経済的じゃない?」更には「たまにはパスタ系が食べたなぁ」 っとリクエストまでされ、、、っと言う具合でに、彼女の食事のお世話をさせられるようになりました。

シェアを解消する頃には食材代金も貰えなくなり、彼女に催促や訴えもしたのですが、何だかんだとごまかされ。。。。

今考えると食材の価格の価値観も無かったんだなぁと。

いい勉強になりましたが、もやっとする嫌な思い出です。

(女性/49/専業主婦)

京都府京都市西京区でシェアハウス

3階建ての一軒家に女4人で住んでいた。

向かいの部屋の住人が不潔だった事が嫌だった。

決められた掃除当番は平気でスルーする。

彼女の使用後は洗面所は水浸し、キッチンには米がこぼれ、電子レンジのドアがオープンのまま。

トイレは飛び散った汚れを拭かずそのまま…。

私と彼女しか通らない廊下は髪の毛だらけ。

足の踏み場以外は、髪の毛まみれだった。

掃除しても半日で数本の落ちていた。

使用済みの生理用ナプキンも共用のゴミ箱に捨ててある等、とにかく不潔でだらしない人だった。

汚くても気にならないタイプのようだが、共用部をきれいに使ったり、ルールを守る事は徹底してほしかった。

メッセージボードもほとんど見ないので、消耗品のお金の回収もいつも一番最後だった。

(女性/38/派遣社員事務職)

大阪府大阪市でシェアハウス

20代の頃、私は一人暮らしをしていたのですが、同棲してた女友達が彼氏と別れて部屋を追い出される事になり、引越し資金が貯まるまで私の部屋でシェアハウスする事になりました。

私は朝方の仕事だったのですが、友達は夜型の仕事で、物音や光に敏感な私は友達が深夜帰宅するたびに目が覚めて寝不足の日々が続きました。

それだけならまだしも、最初の二カ月は折半分の家賃を払ってくれたのですが、3カ月目からは遅れるようになりとても苛々しました。

だらしないのか、共有のリビングに空のペットボトルやお弁当の空などが転がっており、朝起きて片付ける事から始まり、ほとほと嫌気がさしました。

私はどちらかというと、きれい好きなほうなんで。

あと深夜に電話で誰かと話しをされるのも、話し声が聞こえてきてうるさくて嫌でした。

(女性/41/パートタイム主婦)

福岡県福岡市中央区でシェアハウス

私が退去する寸前だったのですが、すごく図々しくて生意気な若い子が入居してきました。

キッチンを片付けなかったり、みんなで共有の洗面化粧台を長時間占領して化粧をしたり。

友達の家を転々とした挙句、家賃が安いからという理由でシェアハウスを選んだ子だったのですが、生活必需品はおろか自分が寝る為の布団だったりお金も持っていなくて、シェアメイトに借りようとしていました。

また、直ぐに大家さんに退去させられてしまったのですが、シェアハウスに警察が来た事がありました。

持病がある事を申告せずに入居した子で、連絡が取れなかったからとその子のお母さんが安否確認の為に通報してしまったのです。

すごく迷惑でした。

誰かが代引きで通販したものが、うっかり購入した本人が留守にした時に届いてしまった時も軽く雰囲気が悪くなってしまいました。

「誰が払うの?」といった感じで。

共同生活なので、ちょっと気をつけてルール・マナーを守らないとシェアメイトに嫌われます。

(女性/37/Webデザイナー兼ライター)

北海道函館市でシェアハウス

全員の共用スペースである、台所、お風呂、トイレ、リビングを毎日誰が掃除をするという掃除当番表があるのですが、必ずと言っていいほど一人、掃除をしてないのにしたと言ったり、一応したみたいだが全然埃が取れてなかったりしていました。

また、使ったものはそのまま出しっ放しだし、テレビもつけっぱなし、しかも台所の水道やお風呂のシャワーなどもしっかり閉めないのでポタポタと水が溢れていました。

その人は一番年長にもかかわらずとてもだらしがなく、他の人にも迷惑をかけていました。

一番ひどかったのは、リビングにゴミを置きっぱなしにして、指摘されても全く直さない事でした。

ティッシュとかならまだしも、納豆のゴミとかの匂いのあるものばかり置きっぱなしです…。

(女性/20/主婦)

まとめ

国内のシェアハウスの経験者25人が最悪だと思ったことを見てきて、いかがだったでしょうか?

やはり、一番の問題は同居する人です。

最低限のマナーを守れなかったりするのは論外ですが、性格の違いによっても、シェアハウスなんてしなければよかったとなりかねません。

ただ、こればかりはシェアハウスしてみないとわからないことですし、こんなに最悪な思いをする人も多くはありません。

ですので、そこまで身構える必要もありません。

オークハウスであれば、シェアハウス間の移動もOKですので、気軽に入居できます。

【シェアハウスなら日本最大手のオークハウス】

シェアハウスなら日本最大手のオークハウスがオススメです。

オークハウスなら、敷金・礼金・仲介手数料が無料で、連帯保証人・保証会社も不要で、家具・家電も揃っておりインターネットも無料と、とにかく安く、気軽に入居できます。

さらには、様々な経歴のある人や外国人も入居しており、他では会えない出会いがあります。

あなたがもし、今現在、シェハウスを探しているなら、まずはオークハウスをチェックしてみてましょう。

※ただし、オークハウスは関東地方(東京・埼玉・千葉・神奈川)が中心です。関西地方においては、京都にシェアハウスが少しあるぐらいです。ですので、関東地方、特に東京都でシェアハウスを探している方にオススメです。

オークハウス